旧サイトで会員登録をしていたているお客様の会員情報は引き継いでおりますので、
新サイトでも既に会員登録済のアカウントでお買い物が可能となっております。

スクーターカスタム セカンダリーについて(一例 シグナスXの製品紹介)

前回ブログは「スクーターの走り出しを左右するクラッチについて」でしたが
今回は、そこに関連するパーツ セカンダリー 一式 について


クラッチ側図解

スクーターは、下記の図のように、Vベルトによってエンジン出力をリアタイヤに伝達しています。

 

▼走り出し
ベルトA

 

▼スロットルをひねり、走っている状態
ベルトB

上記、Vベルトのクラッチ側に着目!
走りに影響するのは、このベルトの稼働幅!
外側にあるVベルトが加速するほど、内側に落ち込んでいき、より伸びやかな走りを実現します。
その、クラッチ側のベルトの可動幅を司る部分が 『セカンダリー 一式』 という部分になります。
※もちろん、センタースプリングの硬さも考慮しないといけませんが、当ブログでは割愛させて頂きます。

 

クラッチ側図解

セカンダリー 一式は、トルクカムとセカンダリーシーブで、Vベルトを挟み込む形で構成されています。

 

セカンダリー一式
※KN企画 You Tube「シグナスX3型カスタムはじめの一歩!駆動系のリフレッシュ 」より

 

どのようなバリエーションのカスタムがあるかと申しますと(一例:シグナスX向けをご紹介)

『KN企画 オススメ その1』

シグナスX KOSO KN企画 チャンプトルクカム

特徴
ベルトの可動域、開き側(落込み)をノーマルトルクカム に比べて約8%拡大することに成功しました。

溝

また、変速の特性を司る 溝 は膨大なテストにより計算。
角度・形状は48°、50°の2種類のトレート溝から選択できます。

 

『KN企画 オススメその2』

HPアルミセカンダリーシリーズ
HPアルミセカンダリー

 

特徴

  • 様々なハイスピードプーリーやベルトに対応するべく、開き幅は市販最大級!
  • 閉じ側は無駄な部分を減らし直径を若干大径化し、スタート時のベルトスリップを抑える構造。
  • 両側フェイス部をアルミ製とし軽量化を実現。重量は純正比約70g軽量。

HP-溝
■トルクカムピン溝は48°のストレート溝とR45のへの字溝の2種類から選択可能。

といったラインナップがございます。

 

POINT
溝の角度や形状も重要だけど、開き幅(ベルトの落込加減)こそ、注目すべきセカンダリー。
ということを覚えておいてくださいね。

 

奥が深いスクーターチューニング。
文章と写真で伝えるのには限界がありますが、他にもセンタースプリングやベルトのタイプなど、様々な要素の掛け算で走りが変わってきます。

複雑な部分ではありますが、突き詰めると面白いスクーターの魅力でもありますね。

ご興味の方はぜひ、トライしてみてください。

今回は、スクーターカスタム セカンダリー一式 についての解説でした。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。